引越しをいかに安くするか

引越しについて

今でこそ引越しを専門に行う運送会社が数多く存在しますが、もともとは一般の運送会社が業務の一つとして取り扱うだけでした。引越しそのものが、現在ほど日常的に発生するような事ではなかったのです。昭和50年のはじめころから、引越しを本格的な業務にする運送会社が設立され、テレビやラジオでの宣伝が開始されました。

この「引越し」が当時の社会的なニーズにマッチする商品だったようで、引越し業界は急速に成長を遂げたのです。運送会社としては、これまでの運送料金だけの料金に加えて作業料金を請求することができますし、引越しをする人にとっても大変な作業と作業時間から開放されることになりました。現在では引越し業務しか行わない運送会社もあるぐらいですから、引越しの需要の多さを感じさせます。現在、引越し業者は3つに大別することができます。

1つは「大手引越し業者」で、テレビのコマーシャルでも頻繁に登場しています。全国に営業所を配置し、豊富なサービスで利用者の要望に応えています。

2つ目は「中堅引越し業者」です。大手のように全国に営業所を配置しているのではなく、いわば地域密着型で引越し業をおこなっている中小規模の業者です。大手引越し業者に比べて料金が割安であることで支持を受けています。

3つ目は「軽貨物運送業者」です。料金が安いことと軽トラックでの運搬ですから、単身・少家族など荷物の少ないケースの引越しに支持されています。なお、こうした引越し業者、特にその中でも大手・中堅引越し業者は、全ての引越しを同じ方法で行うのではなく、コースやパックなどの名称をつけて、利用者からのさまざまな要望や条件に対応しています。

このように様々な種類がある引越し業者ですが、当サイトでは、できるだけ安く引越しを済ませたいという方に向け、安い業者を選択する方法や値引きの交渉方法等について紹介します。